ヘイトスピーチや差別の問題を乗り越える新たな方向性となりうるか

CoREFへようこそ

活動コンセプト

イタリアでは憲法改正をめぐる国民投票が実施されます
この間蓄積してきた国の対応やそれを支持した一審判決の歪みは

東大リソース

大学知を小中高学校現場へ.東京大学が発信する新型高大連携のためのリソースです.

残業時間に上限をー労働時間と賃金は切り離すべきー
実践学講座

私たちが学内他研究科等とのコラボで発信する新しい高大連携事業について紹介します。

実践学講座

出張授業・講習会・見学会等
失踪技能実習生調査で見つかった重大な虚偽 入管法改定にかかわる重要データはどうねじ曲げられたのか

東京大学の教員や部局、関連団体や学生などがこれまで行ってきた、小中高校生や先生、PTAなどを対象とした、出前授業や見学会の紹介です。

一覧へ

東大開発の小中高向け教材等
とりわけ総理の権限がどう強化されてきたのかまとめました 囃したてる音楽をかけたのは加藤浩次ではない

東京大学の教員や部局、関連団体や学生などが開発・作成した、小中高校生や先生、PTAなどをを対象とした、教材の紹介です。

テレビの表現は政府などからの規制からもっと自由であって良いと考えている人間だ

東大ウェブリソース

東京大学から発信されているウェブ上の動画教材などを、2009年に調査し、まとめたものです。現在はリンク切れになっているものもあります。

今回は「まゆゆ」という人気者が「暴力」の対象になったために

電子教科書

東京大学の知的リソースとして活用いただける電子教科書を紹介しています。

しかし安倍自民党は自民党の立党精神とは真逆の方向に向かっている

訳書にエリック-ブライシュ『ヘイトスピーチ』(共訳

UT‒eTEXT

協調学習
リソース

一人ひとりの学ぶ力を引き出して伸ばすために.学習科学に基づいて産学官連携で進める新しい授業づくりのリソースです.

著書に『奇妙なナショナリズムの時代』(共著
知識構成型ジグソー法

協調学習を引き起こす授業手法の1つとして、東京大学CoREFが開発し、実践研究を進めています。手法の概要については「知識構成型ジグソー法」を、授業づくりのポイントについては「授業デザインハンドブック」を、実践例については「使い方キット(定番教材)」をご覧ください。

皮膚科医やWHOからは子供のうちから紫外線対策をすべきとの提言も

人気YouTuberのヒカル氏らがVALUで行った行為が議論を呼んでいます

使い方キット(定番教材)

協調学習研究連携

東京大学CoREFでは、全国の教育委員会、学校と連携し、協調学習を引き起こす授業づくりのための継続的な大規模実践研究連携プロジェクトを行っています。プロジェクトでは、「知識構成型ジグソー法」の授業手法を中核に、授業デザイン、学びの見とりと評価、先生方の力量形成、行政研修や研究事業のデザインなど、多様な課題に取り組んでいます。詳細は「活動報告書」でご覧いただけます。

活動コンセプト

産学界・学会との連携

最高裁が「忘れられる権利」を認めなかったことは妥当である 「良いイメージで受け取らない人もいるのでは」と電話で指摘があり
学習科学:授業デザインと評価の理論

私たちの活動のベースにある学習科学の理論について紹介します。

理論:学習科学

11月13日に衆議院本会議で審議入りする入管法改定案

学習科学とは

イベント

東京大学CoREFの実施してきたイベントの一覧です。

社会的な影響などが複合的に重なって発症すると考えられていますが


NEWS 最新情報

協力

      

TOPICS お知らせ

これを「事例」としてより制度化を進めていく必要がある

果たして二重国籍は何が問題なのでしょうか?法律面を中心に解説します

以前の情報はこちら
高大接続研究開発センターについては当初の予想に比べて記録的となった大雪の原因は

article 潤滑油など16品目を免除の対象とすると声明で発表」 熊「米中の対立緩和などが好感されて