「軍部は金正日委員長をあらかさまに批判することはできない

CoREFへようこそ

活動コンセプト

「米国のイラン軍司令官殺害を金正恩政権は国民に伏せるのでは?」「米国の奇襲を恐れ
小泉総理の二度目の訪朝(2004年5月)では金正日前政権は白紙に戻しての再調査を約束したが

東大リソース

大学知を小中高学校現場へ.東京大学が発信する新型高大連携のためのリソースです.

日本に戻しても大丈夫との判断がつくまでの間は絶対に明らかにしないと思う
実践学講座

私たちが学内他研究科等とのコラボで発信する新しい高大連携事業について紹介します。

実践学講座

出張授業・講習会・見学会等
米国など関係国の動きが慌ただしくなってきた

東京大学の教員や部局、関連団体や学生などがこれまで行ってきた、小中高校生や先生、PTAなどを対象とした、出前授業や見学会の紹介です。

一覧へ

東大開発の小中高向け教材等
軍部及び情報機関のトップは『生存していると発表してはならない 5人に1人が“隠れ不登校” 中学生1万8000人への調査で判明

東京大学の教員や部局、関連団体や学生などが開発・作成した、小中高校生や先生、PTAなどをを対象とした、教材の紹介です。

学校を行きしぶる子の「SOS」が出る時期です

東大ウェブリソース

東京大学から発信されているウェブ上の動画教材などを、2009年に調査し、まとめたものです。現在はリンク切れになっているものもあります。

その根拠となった「アンケートの手法」は正しかったのだろうか

電子教科書

東京大学の知的リソースとして活用いただける電子教科書を紹介しています。

不登校にくわしい江川和弥さんのお話を交えて考えていきます

日本の富士山と称される朝鮮半島の聖山-白頭山の爆発を題材にしているが

UT‒eTEXT

協調学習
リソース

一人ひとりの学ぶ力を引き出して伸ばすために.学習科学に基づいて産学官連携で進める新しい授業づくりのリソースです.

北朝鮮の対米「Xmasプレゼント」の「パズル」を解く!
知識構成型ジグソー法

協調学習を引き起こす授業手法の1つとして、東京大学CoREFが開発し、実践研究を進めています。手法の概要については「知識構成型ジグソー法」を、授業づくりのポイントについては「授業デザインハンドブック」を、実践例については「使い方キット(定番教材)」をご覧ください。

再起を誓って出院する少年のがんばろうとする気持ちを力に変え

発表してなかった別の人物が出てくる可能性はある

使い方キット(定番教材)

協調学習研究連携

東京大学CoREFでは、全国の教育委員会、学校と連携し、協調学習を引き起こす授業づくりのための継続的な大規模実践研究連携プロジェクトを行っています。プロジェクトでは、「知識構成型ジグソー法」の授業手法を中核に、授業デザイン、学びの見とりと評価、先生方の力量形成、行政研修や研究事業のデザインなど、多様な課題に取り組んでいます。詳細は「活動報告書」でご覧いただけます。

活動コンセプト

産学界・学会との連携

「史上最悪の関係」の原因となった元徴用工問題は依然として膠着状態のままである 一方で自由貿易主義を掲げるレーガン政権が日本の自動車輸出を規制することに反対の声もあった
学習科学:授業デザインと評価の理論

私たちの活動のベースにある学習科学の理論について紹介します。

理論:学習科学

日本政府も知恵を働かせて解決する必要がある

学習科学とは

イベント

東京大学CoREFの実施してきたイベントの一覧です。

そのまま教室で置き去りなってしまった少年も多数いる


NEWS 最新情報

協力

      

TOPICS お知らせ

自分らが神のように崇拝している金委員長が敵国である日本の首相の面前で謝罪させたしまったと言うことだ

経済と外交の司令塔である朴奉柱党副委員長と李容浩外相の欠席も

以前の情報はこちら
高大接続研究開発センターについては作家の雨宮処凛さんが第一号みたいな存在ですけど

article 隠れ不登校に関する解説と求められる対策を考えたいと思います