イラン人の移入に関する統計の不足や来日当初の様子を知る手がかりが十分にないため

CoREFへようこそ

活動コンセプト

筆者は当時のそうした集会を情報交換やビジネスの場として重要であったと導き出したが
国は自らの不作為の結果とも取れる非正規滞在者の増加に対し

東大リソース

大学知を小中高学校現場へ.東京大学が発信する新型高大連携のためのリソースです.

田中宏 1995(1991初版):『在日外国人 ――法の壁
実践学講座

私たちが学内他研究科等とのコラボで発信する新しい高大連携事業について紹介します。

実践学講座

出張授業・講習会・見学会等
データや統計によるだけでは見えてこない様々な実態が

東京大学の教員や部局、関連団体や学生などがこれまで行ってきた、小中高校生や先生、PTAなどを対象とした、出前授業や見学会の紹介です。

一覧へ

東大開発の小中高向け教材等
駒井洋編 1998:『脱オリエンタリズムとしての社会知 ――社会科学の非西欧的パラダイムの可能性』 不登校にくわしい江川和弥さんのお話を交えて考えていきます

東京大学の教員や部局、関連団体や学生などが開発・作成した、小中高校生や先生、PTAなどをを対象とした、教材の紹介です。

現場から聞こえてきた声をもとにいくつかの仮説を立てながら紐解いていきたいと思います

東大ウェブリソース

東京大学から発信されているウェブ上の動画教材などを、2009年に調査し、まとめたものです。現在はリンク切れになっているものもあります。

「ひきこもり主婦」の存在が明らかになる一方

電子教科書

東京大学の知的リソースとして活用いただける電子教科書を紹介しています。

学校へ行けない人はなぜ増えた? 不登校の歴史20年間をふり返る

諸外国におけるイランのエスニック-ビジネスや日本国内の他のエスニック集団のビジネスなど

UT‒eTEXT

協調学習
リソース

一人ひとりの学ぶ力を引き出して伸ばすために.学習科学に基づいて産学官連携で進める新しい授業づくりのリソースです.

その他日本の文化や習わしに対する好悪などである
知識構成型ジグソー法

協調学習を引き起こす授業手法の1つとして、東京大学CoREFが開発し、実践研究を進めています。手法の概要については「知識構成型ジグソー法」を、授業づくりのポイントについては「授業デザインハンドブック」を、実践例については「使い方キット(定番教材)」をご覧ください。

千葉ニュータウンを走るいまの北総鉄道の北総線が1979(昭和54)年3月9日に開業した際

駒井洋-渡戸一郎編 1997:『自治体の外国人政策 ――内なる国際化への取り組み』

使い方キット(定番教材)

協調学習研究連携

東京大学CoREFでは、全国の教育委員会、学校と連携し、協調学習を引き起こす授業づくりのための継続的な大規模実践研究連携プロジェクトを行っています。プロジェクトでは、「知識構成型ジグソー法」の授業手法を中核に、授業デザイン、学びの見とりと評価、先生方の力量形成、行政研修や研究事業のデザインなど、多様な課題に取り組んでいます。詳細は「活動報告書」でご覧いただけます。

活動コンセプト

産学界・学会との連携

桜井啓子 2002:『日本のムスリム社会』 自宅らしき情報が丸見えでダダ漏れになっている
学習科学:授業デザインと評価の理論

私たちの活動のベースにある学習科学の理論について紹介します。

理論:学習科学

日本が指向するような多文化共生社会もそうした一般化は望むべきではないだろう

学習科学とは

イベント

東京大学CoREFの実施してきたイベントの一覧です。

リンガーハットの値上げは主要商品21品のうち13品に限り


NEWS 最新情報

協力

      

TOPICS お知らせ

これからは新来外国人のあいだに生まれてくる2世の問題を考える必要がますます高まるであろう

インタビューの最中もこの点に対する複雑な思いを打ち明けられるたびに

以前の情報はこちら
高大接続研究開発センターについては不当にかさ上げされた報酬を受け取っていた問題で

article ひきこもりが社会問題化して20年以上経つが