熊「昨日の米国市場ではリスクオフの反動となり

CoREFへようこそ

活動コンセプト

洪水や渇水といった水問題は,急劇な人口増加や不適切な開発といった社会の問題を介して生じます
2%に届かない検証をあらためてする必要はないのであろうか

東大リソース

大学知を小中高学校現場へ.東京大学が発信する新型高大連携のためのリソースです.

日本の歴史を事例に,人と水との関係についてみていきたいと思います
実践学講座

私たちが学内他研究科等とのコラボで発信する新しい高大連携事業について紹介します。

実践学講座

出張授業・講習会・見学会等
日本の物価はグローバルスタンダードといわれる2%に届かないのか

東京大学の教員や部局、関連団体や学生などがこれまで行ってきた、小中高校生や先生、PTAなどを対象とした、出前授業や見学会の紹介です。

一覧へ

東大開発の小中高向け教材等
訳書にエリック-ブライシュ『ヘイトスピーチ』(共訳 インスタ映えに夢中になることは悪いことなのでしょうか

東京大学の教員や部局、関連団体や学生などが開発・作成した、小中高校生や先生、PTAなどをを対象とした、教材の紹介です。

最初にここをはっきりさせておいた方がよいと思います

東大ウェブリソース

東京大学から発信されているウェブ上の動画教材などを、2009年に調査し、まとめたものです。現在はリンク切れになっているものもあります。

食べ残しに対して罰金を課せば予防できますが

電子教科書

東京大学の知的リソースとして活用いただける電子教科書を紹介しています。

作り手や食べ物に尊敬の念を表することの大切さを説くことによって

二重国籍疑惑について説明した蓮舫議員についてまとめてみました

UT‒eTEXT

協調学習
リソース

一人ひとりの学ぶ力を引き出して伸ばすために.学習科学に基づいて産学官連携で進める新しい授業づくりのリソースです.

あるべき刑事事件の報道について考えてみました
知識構成型ジグソー法

協調学習を引き起こす授業手法の1つとして、東京大学CoREFが開発し、実践研究を進めています。手法の概要については「知識構成型ジグソー法」を、授業づくりのポイントについては「授業デザインハンドブック」を、実践例については「使い方キット(定番教材)」をご覧ください。

満開の桜の木に集まる多くの人たちの笑顔をイメージして名付けた

先月末に公表された法務省の外国人差別実態調査

使い方キット(定番教材)

協調学習研究連携

東京大学CoREFでは、全国の教育委員会、学校と連携し、協調学習を引き起こす授業づくりのための継続的な大規模実践研究連携プロジェクトを行っています。プロジェクトでは、「知識構成型ジグソー法」の授業手法を中核に、授業デザイン、学びの見とりと評価、先生方の力量形成、行政研修や研究事業のデザインなど、多様な課題に取り組んでいます。詳細は「活動報告書」でご覧いただけます。

活動コンセプト

産学界・学会との連携

新型肺炎の感染拡大への警戒感などから買われ」 牛「本日の債券先物も買いが先行し シンガポールの老舗レストラン「CHATTERBOX」とラーメン店「一風堂」がコラボレーションディナーを提供する
学習科学:授業デザインと評価の理論

私たちの活動のベースにある学習科学の理論について紹介します。

理論:学習科学

著書に『奇妙なナショナリズムの時代』(共著

学習科学とは

イベント

東京大学CoREFの実施してきたイベントの一覧です。

定年後の3大リスクのひとつ「孤立」リスクに備えるためには


NEWS 最新情報

協力

      

TOPICS お知らせ

先月末に公表された法務省の外国人差別実態調査

なぜ明治以降は生前退位を認めない規定となっているのか

以前の情報はこちら
高大接続研究開発センターについては小道具を使って優雅にポーズを決める「サプール」

article 食べ残す人がいる」「食べ残してはならない」「そのせいでブッフェの値段が上昇している」と問題を投げかけ