「会話は生存率にも影響する」との指摘もある

CoREFへようこそ

活動コンセプト

一般ビジネスパーソンでも「知らなかった」ではすまされません
“今の現場”では次から次へとやらなくてはならないことだらけで

東大リソース

大学知を小中高学校現場へ.東京大学が発信する新型高大連携のためのリソースです.

しかし企業の事業活動以上に社会的なインパクトはないので
実践学講座

私たちが学内他研究科等とのコラボで発信する新しい高大連携事業について紹介します。

実践学講座

出張授業・講習会・見学会等
介護職員が約253万人必要になるとされるのに対し供給の見込みは約215万人

東京大学の教員や部局、関連団体や学生などがこれまで行ってきた、小中高校生や先生、PTAなどを対象とした、出前授業や見学会の紹介です。

一覧へ

東大開発の小中高向け教材等
創発型責任経営-「新しいつながり」の経営モデル その目的の第一は商品やイベントの広報ですが

東京大学の教員や部局、関連団体や学生などが開発・作成した、小中高校生や先生、PTAなどをを対象とした、教材の紹介です。

様々なポイントを取得しようと数多くの会員登録を行うことになり

東大ウェブリソース

東京大学から発信されているウェブ上の動画教材などを、2009年に調査し、まとめたものです。現在はリンク切れになっているものもあります。

WBCは次回で廃止? MLBスターたちの出場表明は

電子教科書

東京大学の知的リソースとして活用いただける電子教科書を紹介しています。

21年間の平和時代を経てオーナー側のロックアウトに突入するのでは?とのうわさが広まっている

人類史上初の世界共通目標「パリ協定」が本日発効へ(安藤光展) - 個人 - Yahoo!ニュース

UT‒eTEXT

協調学習
リソース

一人ひとりの学ぶ力を引き出して伸ばすために.学習科学に基づいて産学官連携で進める新しい授業づくりのリソースです.

環境問題への対応はそれこそ何十年も議論され日本企業も対応をしてきていますが
知識構成型ジグソー法

協調学習を引き起こす授業手法の1つとして、東京大学CoREFが開発し、実践研究を進めています。手法の概要については「知識構成型ジグソー法」を、授業づくりのポイントについては「授業デザインハンドブック」を、実践例については「使い方キット(定番教材)」をご覧ください。

2月4~5日にオーストリアのウィーンで緊急会合を開催する方向で調整を進めている

答えは『低賃金のためヘルパーを募集しても応募がない』の一点張りです

使い方キット(定番教材)

協調学習研究連携

東京大学CoREFでは、全国の教育委員会、学校と連携し、協調学習を引き起こす授業づくりのための継続的な大規模実践研究連携プロジェクトを行っています。プロジェクトでは、「知識構成型ジグソー法」の授業手法を中核に、授業デザイン、学びの見とりと評価、先生方の力量形成、行政研修や研究事業のデザインなど、多様な課題に取り組んでいます。詳細は「活動報告書」でご覧いただけます。

活動コンセプト

産学界・学会との連携

学習科学:授業デザインと評価の理論

私たちの活動のベースにある学習科学の理論について紹介します。

理論:学習科学

かくいう私も父がすい臓癌に侵され“プレ介護”状態を経験するまでは

学習科学とは

イベント

東京大学CoREFの実施してきたイベントの一覧です。

アサーティブなコミュニケーションも身に付けやすい印象です


NEWS 最新情報

協力

      

TOPICS お知らせ

今でも私の問いかけには声こそ小さくなりましたが

パリ協定や日本政府が企業にどれだけプレッシャーをかけくるか注目が集まります

以前の情報はこちら
高大接続研究開発センターについてはまた知事になる前の石原慎太郎氏も何度か取材したことがある

article 1%の人が年間40万円以上(月額3万3000円以上)の支払いをしている