2019年の中国の国内総生産が実質で前年比6

CoREFへようこそ

活動コンセプト

運転中に携帯電話やスマートフォンを使用する危険な「ながら運転」によって
2016年6月の国民投票で離脱を選択してからの混乱で

東大リソース

大学知を小中高学校現場へ.東京大学が発信する新型高大連携のためのリソースです.

その取り締まりはどのように行われるのでしょう? 元警察官に伺いました
実践学講座

私たちが学内他研究科等とのコラボで発信する新しい高大連携事業について紹介します。

実践学講座

出張授業・講習会・見学会等
今後は新型肺炎の拡大による景気への影響などをあらためて確認しながらの動きとなると予想される

東京大学の教員や部局、関連団体や学生などがこれまで行ってきた、小中高校生や先生、PTAなどを対象とした、出前授業や見学会の紹介です。

一覧へ

東大開発の小中高向け教材等
「ながらスマホ」運転の厳罰化いよいよ 海外では「未成年」や「初心者」に厳しい規制も 「この話はさすがに大げさに盛っているのでしょう?」と結城九段本人に聞いてみる

東京大学の教員や部局、関連団体や学生などが開発・作成した、小中高校生や先生、PTAなどをを対象とした、教材の紹介です。

色々な意味であの一局は忘れられないものになったに違いありません

東大ウェブリソース

東京大学から発信されているウェブ上の動画教材などを、2009年に調査し、まとめたものです。現在はリンク切れになっているものもあります。

これとはまた別の楽しいアトラクションを実現できそうな特許も最近に登録されています

電子教科書

東京大学の知的リソースとして活用いただける電子教科書を紹介しています。

関連特許もてっきり放棄されたかと思ったら米国での審査手続が継続中のようです

朝方にそのリスクオフの動きが強まったものの

UT‒eTEXT

協調学習
リソース

一人ひとりの学ぶ力を引き出して伸ばすために.学習科学に基づいて産学官連携で進める新しい授業づくりのリソースです.

そこからさらに株価が大きく下落することはなく
知識構成型ジグソー法

協調学習を引き起こす授業手法の1つとして、東京大学CoREFが開発し、実践研究を進めています。手法の概要については「知識構成型ジグソー法」を、授業づくりのポイントについては「授業デザインハンドブック」を、実践例については「使い方キット(定番教材)」をご覧ください。

不眠などうつの症状によってあきらめざるを得なかった

諸外国ではどんなルールになっているのでしょうか?聞いてみました

使い方キット(定番教材)

協調学習研究連携

東京大学CoREFでは、全国の教育委員会、学校と連携し、協調学習を引き起こす授業づくりのための継続的な大規模実践研究連携プロジェクトを行っています。プロジェクトでは、「知識構成型ジグソー法」の授業手法を中核に、授業デザイン、学びの見とりと評価、先生方の力量形成、行政研修や研究事業のデザインなど、多様な課題に取り組んでいます。詳細は「活動報告書」でご覧いただけます。

活動コンセプト

産学界・学会との連携

祖母による「揺さぶり虐待」は本当にあったのか? 大阪高裁で注目判決 市側が「市民の方で見守りなど手伝ってもらえるなら実施したい」と回答したところ
学習科学:授業デザインと評価の理論

私たちの活動のベースにある学習科学の理論について紹介します。

理論:学習科学

市場にとって大きなリスク要因がひとまず後退したことは確かであろう

学習科学とは

イベント

東京大学CoREFの実施してきたイベントの一覧です。

福井新聞(2018年5月30日 朝刊26頁)


NEWS 最新情報

協力

      

TOPICS お知らせ

いずれ市場参加者の視線が景気に向けられるようなことになると

週明けの3日の中国市場の動向も懸念されている

以前の情報はこちら
高大接続研究開発センターについてはストレスの雨の冷たさがわからない」ってこと

article トヨタが燃料電池車特許を「無償提供」することの意味