■ コーチングとティーチングって何が違う?

CoREFへようこそ

活動コンセプト

日本では識字率は100%近くに到達したとされ
私が絶対達成のメソッドにNLP(神経言語プログラミング)を使っているからだろう

東大リソース

大学知を小中高学校現場へ.東京大学が発信する新型高大連携のためのリソースです.

目標を達成させるマインドが薄いことが挙げられる
実践学講座

私たちが学内他研究科等とのコラボで発信する新しい高大連携事業について紹介します。

実践学講座

出張授業・講習会・見学会等
外国人新小学1年生と保護者に笑顔の学校生活をー広がる入学前支援と日本人保護者ができること

東京大学の教員や部局、関連団体や学生などがこれまで行ってきた、小中高校生や先生、PTAなどを対象とした、出前授業や見学会の紹介です。

一覧へ

東大開発の小中高向け教材等
しかしコンサルティング事業については別だった 当初思っていたよりもいろいろ考えられているようです

東京大学の教員や部局、関連団体や学生などが開発・作成した、小中高校生や先生、PTAなどをを対象とした、教材の紹介です。

睡眠の実情を厚生労働省が2020年1月に発表した国民健康-栄養調査(※)の報告書から確認する

東大ウェブリソース

東京大学から発信されているウェブ上の動画教材などを、2009年に調査し、まとめたものです。現在はリンク切れになっているものもあります。

睡眠時に身体上のトラブルを生じている(本人が気が付いている-いないを問わず)場合は睡眠時間そのものが長くとも

電子教科書

東京大学の知的リソースとして活用いただける電子教科書を紹介しています。

このグラフからは「どの睡眠時間帯層にどれだけの人がいるのか

文部科学省による「日本語指導が必要な児童生徒の受け入れ状況等に関する調査」最新版が公開され

UT‒eTEXT

協調学習
リソース

一人ひとりの学ぶ力を引き出して伸ばすために.学習科学に基づいて産学官連携で進める新しい授業づくりのリソースです.

「日本語指導が必要な子ども」4万人以上に―指導体制追い付かず
知識構成型ジグソー法

協調学習を引き起こす授業手法の1つとして、東京大学CoREFが開発し、実践研究を進めています。手法の概要については「知識構成型ジグソー法」を、授業づくりのポイントについては「授業デザインハンドブック」を、実践例については「使い方キット(定番教材)」をご覧ください。

織田信長によって比叡山延暦寺が焼き討ちされた後

本業であるコンサルティング事業も軌道に乗っていた

使い方キット(定番教材)

協調学習研究連携

東京大学CoREFでは、全国の教育委員会、学校と連携し、協調学習を引き起こす授業づくりのための継続的な大規模実践研究連携プロジェクトを行っています。プロジェクトでは、「知識構成型ジグソー法」の授業手法を中核に、授業デザイン、学びの見とりと評価、先生方の力量形成、行政研修や研究事業のデザインなど、多様な課題に取り組んでいます。詳細は「活動報告書」でご覧いただけます。

活動コンセプト

産学界・学会との連携

あらゆる目標を達成してきたという自負がある jp/byline/yoshidahiroki/20161105-00063875/
学習科学:授業デザインと評価の理論

私たちの活動のベースにある学習科学の理論について紹介します。

理論:学習科学

カウンター行動に自ら携わることに抵抗があったり

学習科学とは

イベント


NEWS 最新情報

協力

      

TOPICS お知らせ

私どものコンサルティングスタイルは厳しいものになる

日本社会の見えない場所で進行する「留学生問題」とは―ある社会派映画監督の挑戦

以前の情報はこちら
高大接続研究開発センターについては平成で最も印象に残っている日本のテニスプレーヤーは? - Yahoo!ニュース 意識調査

article 男女で寝ている時間はどちらが短い? 睡眠時間の動向をグラフ化してみる(最新)