地域別にみた新型コロナウイルス感染症の致命率(2020年2月1日現在:筆者作成)

CoREFへようこそ

活動コンセプト

移管に伴うさまざまなセレモニーや作業が行われた
1月29日から31日にかけて武漢市に滞在する日本人565人が帰国し

東大リソース

大学知を小中高学校現場へ.東京大学が発信する新型高大連携のためのリソースです.

2018年1月末をもって共通利用を終了した「スルッとKANSAI対応カード」
実践学講座

私たちが学内他研究科等とのコラボで発信する新しい高大連携事業について紹介します。

実践学講座

出張授業・講習会・見学会等
検疫所で症状のある28人は医療機関に送られ

東京大学の教員や部局、関連団体や学生などがこれまで行ってきた、小中高校生や先生、PTAなどを対象とした、出前授業や見学会の紹介です。

一覧へ

東大開発の小中高向け教材等
“アイドルファンがキセル乗車”で見えた問題点 新ツアーでプレーするかを選ばなくてはならなくなる」

東京大学の教員や部局、関連団体や学生などが開発・作成した、小中高校生や先生、PTAなどをを対象とした、教材の紹介です。

逆に言えば「一匹目」に羨望の眼差しが向けられ

東大ウェブリソース

東京大学から発信されているウェブ上の動画教材などを、2009年に調査し、まとめたものです。現在はリンク切れになっているものもあります。

昨夏の渋野の全英優勝から突然始まったわけではない

電子教科書

東京大学の知的リソースとして活用いただける電子教科書を紹介しています。

何が日本の女子ツアーをそれほど成長させたのか

これをいかに循環させ経済活動を活発化するかが地域経済の今後を左右する

UT‒eTEXT

協調学習
リソース

一人ひとりの学ぶ力を引き出して伸ばすために.学習科学に基づいて産学官連携で進める新しい授業づくりのリソースです.

データからその傾向が明らかだとする「持続可能な地域社会総合研究所」の藤山浩さんに聞いた
知識構成型ジグソー法

協調学習を引き起こす授業手法の1つとして、東京大学CoREFが開発し、実践研究を進めています。手法の概要については「知識構成型ジグソー法」を、授業づくりのポイントについては「授業デザインハンドブック」を、実践例については「使い方キット(定番教材)」をご覧ください。

織田信長によって比叡山延暦寺が焼き討ちされた後

事故から教訓を学ぶ 大阪市交通局の「輸送の生命館」

使い方キット(定番教材)

協調学習研究連携

東京大学CoREFでは、全国の教育委員会、学校と連携し、協調学習を引き起こす授業づくりのための継続的な大規模実践研究連携プロジェクトを行っています。プロジェクトでは、「知識構成型ジグソー法」の授業手法を中核に、授業デザイン、学びの見とりと評価、先生方の力量形成、行政研修や研究事業のデザインなど、多様な課題に取り組んでいます。詳細は「活動報告書」でご覧いただけます。

活動コンセプト

産学界・学会との連携

ほぼ全員に新型コロナウイルスの検査(咽頭のPCR法)が行われました jp/byline/yoshidahiroki/20161105-00063875/
学習科学:授業デザインと評価の理論

私たちの活動のベースにある学習科学の理論について紹介します。

理論:学習科学

工事中のJR北梅田駅が重要な交通結節点となる

学習科学とは

イベント


NEWS 最新情報

協力

      

TOPICS お知らせ

既存車両にも最新の安全性-快適性を導入する手法が注目されている

鉄道に関する2017年の話題で外せないのが

以前の情報はこちら
高大接続研究開発センターについては平成で最も印象に残っている日本のテニスプレーヤーは? - Yahoo!ニュース 意識調査

article 近年の女子ゴルフの成長と成功は誰の目にも明らかだ