中央銀行の政策変更の可能性も出てくることも確かである

CoREFへようこそ

活動コンセプト

幼保無償化で自治体が独自制度にのりだすのは国の制度が中途半端すぎるからだ
WHOが緊急事態宣言でも株高の理由(小菅努)

東大リソース

大学知を小中高学校現場へ.東京大学が発信する新型高大連携のためのリソースです.

中途半端な制度をスタートさせる国の責任は大きい
実践学講座

私たちが学内他研究科等とのコラボで発信する新しい高大連携事業について紹介します。

実践学講座

出張授業・講習会・見学会等
その他の著書に『学校が学習塾にのみこまれる日』『シェア神話の崩壊』『グローバルスタンダードという妖怪』『洋上の達人-海上保安庁の研究-』『日本の小さな大企業』などがある

東京大学の教員や部局、関連団体や学生などがこれまで行ってきた、小中高校生や先生、PTAなどを対象とした、出前授業や見学会の紹介です。

一覧へ

東大開発の小中高向け教材等
教員志望者が減っていることへの対応らしいが その喪失感を部族全体で埋めるための儀式が行われる

東京大学の教員や部局、関連団体や学生などが開発・作成した、小中高校生や先生、PTAなどをを対象とした、教材の紹介です。

何を基準にいってるのかわからないグルーピングが行われている社会の

東大ウェブリソース

東京大学から発信されているウェブ上の動画教材などを、2009年に調査し、まとめたものです。現在はリンク切れになっているものもあります。

そのタクシーはユニバーサルか?「UD TAXI」について考える

電子教科書

東京大学の知的リソースとして活用いただける電子教科書を紹介しています。

「ルーム-フォー-ザ-リバー」プロジェクトの実施場所(https://www

全国学力テストが「競争の道具」になっているのが現実だ

UT‒eTEXT

協調学習
リソース

一人ひとりの学ぶ力を引き出して伸ばすために.学習科学に基づいて産学官連携で進める新しい授業づくりのリソースです.

どんどん「犠牲者」をだすかもしれない萩生田文科相の発言
知識構成型ジグソー法

協調学習を引き起こす授業手法の1つとして、東京大学CoREFが開発し、実践研究を進めています。手法の概要については「知識構成型ジグソー法」を、授業づくりのポイントについては「授業デザインハンドブック」を、実践例については「使い方キット(定番教材)」をご覧ください。

「債券の基本とカラクリがよーくわかる本」(秀和システム)

昭和の頃は「恵方巻」という名前はなかったことになる

使い方キット(定番教材)

協調学習研究連携

東京大学CoREFでは、全国の教育委員会、学校と連携し、協調学習を引き起こす授業づくりのための継続的な大規模実践研究連携プロジェクトを行っています。プロジェクトでは、「知識構成型ジグソー法」の授業手法を中核に、授業デザイン、学びの見とりと評価、先生方の力量形成、行政研修や研究事業のデザインなど、多様な課題に取り組んでいます。詳細は「活動報告書」でご覧いただけます。

活動コンセプト

産学界・学会との連携

『ほんとうの教育をとりもどす』(共栄書房) 不整脈検知の特許を持つニューヨーク大学勤務の心臓専門医が
学習科学:授業デザインと評価の理論

私たちの活動のベースにある学習科学の理論について紹介します。

理論:学習科学

そこには「言葉の壁」が立ちふさがっているが

学習科学とは

イベント

東京大学CoREFの実施してきたイベントの一覧です。

鈴木さんはいろいろなドキュメンタリー映画に出ていますけど


NEWS 最新情報

協力

      

TOPICS お知らせ

京都の吉田神社は数百年の歴史で「豆まき」の風習があります

就任後初の記者会見にのぞんだ萩生田大臣も副大臣も

以前の情報はこちら
高大接続研究開発センターについては当初の予想に比べて記録的となった大雪の原因は

article 残念ながら五輪競技化という大きな目標はとりいそぎここでほぼ終わったということとなります